就労支援 

就労継続B型&生活介護(就労型)

 平成19年に事業指定を受け、週1回デイサービスの片隅を借りて2名でスタートしました。現在は森工務店ビルに移動し、301号室の1室から302号室202号室と規模を広げ、利用者の皆さん17名と毎日作業を行っています。

就労支援 支援責制度から障害者自立支援法へ移行時、補助金制度の小規模作業所が福祉サービスへの移行を迫られ、作業所など定員20名以上、法人格の取得など多くの条件が必要となりました。
そのため本来、地域に根付き家族的な関わりを作ってきた小規模作業所の運営が困難になる事態も発生しました。
ぱれっとでは、大規模優遇型ではいけないことを伝えていくためにも小規模作業所の良さを失わないよう運営的には厳しくても、作業のグループの細分化など小ささに拘り事業を進めています。
就労支援活動

活動

就労支援 作業は、ゴム製品のバリ取り、文房具関係などの下請け作業、理容店ウェザーコックのタオルクリーニング、産廃の解体・分別、明石の障害者ネットワークからの斎場清掃、その他除草作業やワックス作業など多岐にわたり取り組んでいます。

 作業以外にも、花見やバーベキュー大会、忘年会などの外出行事のほか定期的な体育館をお借りしてのスポーツ活動をしています。

ページ上部へ